建築概要

  • 横浜&みなとみらい地区
  • 建築概要
  • オフィス概要
  • アクセス
  • ギャラリー

TOP建築概要 | ランドスケープ

ランドスケープ

「CASBEE横浜」Sランク認証取得 地域と共生する、約4,000m²のランドスケープ。

※虫眼鏡アイコンをクリックすると、画像が拡大されます。

  • プローヴァ広場
  • 帆の広場
  • グランモール公園

横浜美術館に隣接した立地を活かし、敷地内に水景施設や緑地を配したさまざまな広場空間を設置して賑わいを創出するとともに、芸術・文化のエリア特性に貢献。また建物は、地区全体のスカイライン形成の一部を担うように、高さ120mとして計画されています。ハイクラスビルが果たすべき責任として、まちなみや景観、地域社会との一体性に配慮しています。

CASBEE横浜

2009年6月、「みなとみらいグランドセントラルタワー」は、建物の環境性能を格付けする制度(CASBEE横浜認証制度)で最高位の評価「Sランク」を取得。環境への配慮と省エネルギーを実現するオフィスビルとして評価されました。

プローヴァ広場


画像を拡大

隣接街区の広場やグランモール公園と一体的な広場

商業モール


画像を拡大

商業の賑わいを映すグランモール公園側の店舗施設

帆の広場


画像を拡大

多彩な植栽、水景施設、帆がテーマのアート等を配置

グリーンシアター


画像を拡大

さまざまなイベントの舞台として利用される緑の劇場

雨水利用

ビル屋上に降った雨水を、低層用トイレ洗浄水や、植栽の灌水・水景施設の補給水として利用

ヒートアイランド対策

構内広場に水景施設や緑地を確保し、保水性舗装を採用することで、地表面温度の上昇を抑制